車購入

販売されている中古車に傷やへこみがあった場合は値切りできるのか

車ってどんなに上手な人が運転していたって傷がついてしまうものだし、ちょっとしたへこみくらいはできてしまうものなんだよね。
なので基本的に中古車を購入する時には傷やへこみはあるものだと思った方がいい。
自社で修理工場を持っている販売店なんかだと、ある程度の傷やへこみくらいは修復してしまうんだけど、それでもきちんと修復できないケースがあるんだ。
そうした時に、傷やへこみがあるからっていうと値引きをしてもらえるよ。

そもそも多少の傷やへこみは中古車にあって当たり前なんだけど、これがハッキリとしたものなら、値引きのチャンスだと思ってもいい。
担当者に相談をしてみると、必ず対応してくれるはずだよ。
この傷ってけっこう目立つよね、安くしてよ、なんて言ってみるといいね。
基本的に中古車販売ってのは値引きを前提とした価格をつけているものだから、ハッキリと言えば値引き交渉しない方が損なんだ。
だから、これくらいの傷ならあっても当然かなんて、簡単に諦めてしまっちゃダメだよ。
日本人はあまりそうした点で自己主張しないと言われているんだけど、安く中古車を買いたいなら、絶対に言った方がいい。
なるべく高く値引きをしてもらいたいなら、傷やへこみについては後回しにするのも作戦の1つだよね。

さっきも言ったけど、基本的に中古車の販売額ってのは値引きもコミで考えられているんで、表示価格はちょっと高めにつけているんだ。
そこから値引きをしていくことで、標準価格にまで落としていくんだけど、最初は傷やへこみのことを言わずに値引きをしてもらおう。
そして、これ以上の値引きは難しいですねって担当者が言い出したら、ここに傷があるんだけど、これって値引き対象なんじゃないのと突っ込んでみよう。
ちょっとした交渉術だけど、これだけで値引きはさらに大きくなると思うよ。
基本的に販売店の担当者も傷やへこみがあることは知っていても、よほど目立つものじゃないと自己申告しない場合が多い。
なんでかって言うと、お客さんが気づかないのならそのまま売った方がお得だからだよね。
なので、傷やへこみはあるものとして最初からきちんとチェックして欲しい。

-車購入