車購入

中古車の中でも新しい「新古車」を購入する方法について

最近、中古車販売店で人気なのが新古車なんだけど聞いたことがあるかな。
新古車のことは未使用車なんていい方もするんだけど、雑誌やテレビなんかでも特集が組まれるくらいだから、聞いたことがあるって人は多かもしれないね。
さて、この新古車なんだけど中古車の中でも新しいと言われているんだ。
なんでかって言うと、未使用だからって話になる。
未使用っても実際には乗っているものなんで、実質的には中古車だろってことだ。

そもそも新古車ってなんだって話をすると、これはディーラーなんかで置いてある試乗用の車なんかを意味するんだよね。
試乗用の車っていっても公道を走ることになるんだから、きちんと登録しないと車検とかがおりないんだ。
なので誰かが使用したワケじゃないけれど、使用済みって区分になって、中古車扱いなんだよね。
新古車のメリットとしては、ともかく試乗用の車だけあってほとんど使われていない点だと思っていい。
日常的に乗られているわけでもないし、試乗なんてちょろっとその辺運転するだけなんだから、走行距離も知れてるよね。
なので年式も若く、ほとんど走行距離がない状態の良い車ってことで、新古車が人気になっているワケだ。

そんな新古車を購入する方法なんだけど、基本的には中古車と同じだね。
扱いは中古車なんで特に変わることがなくて、一般的な中古車と同じように買える。
ただ、整備や点検にもあんまり時間がかからないんで、一般的な中古車よりは早めに納車準備が整うのが特徴かもしれないね。
あと、購入できる販売店だけど、基本的にはディーラーが運営している中古車販売店なんかで売られていることが多いよ。
一般的な中古車販売店で売られていることもあるんだけど、数としてはそんなに多くないんだ。
さっきも書いたけど、ディーラーで試乗用に使われていたものなんかがほとんどなんで、あんまり数が出まわっていない。
なので、新古車を購入したいのなら、見つけたらすぐにでも連絡を入れるようにしたいね。
やっぱり状態が良くて新車よりも安い車ってなると、競争になるからその点は覚えておこう。

-車購入