中古車を買うべき狙い目の時期はモデルチェンジ前後の理由

中古車をできるだけ安く買いたいなら、狙う時期ってのがあるんだよね。
車に詳しい人ならだいたい想像はつくかもしれないけど、その狙い目の時期ってのはモデルチェンジの前後になる。
なんでモデルチェンジの前後で安くなるんだってワケがわからない人も多いだろうから、ちょっと説明してみようか。

そもそもモデルチェンジっていうのは車のイメチェンみたいもんだよね。
外観や内装を新しくしますってもんなんだけど、大幅に仕様から変更する時にはフルモデルチェンジっていう言い方をする。
で、どっちがより安く狙い目なのかっていうと、やっぱりフルモデルチェンジ前後になるんだよね。
モデルチェンジって言っても程度の差があるんで、ちょっとくらいの変更なら、そんなに大きく相場が変わったりはしない。
ただし、ライバル車がフルモデルチェンジするってなると、意外と中古車の相場にも変化が出るんでチェックしておきたいところだよね。

じゃあなんでフルモデルチェンジ前後が安く買える狙い目なのかっていうと、基本的にはみんな新しい車を買いたくなるからだよ。
フルモデルチェンジした車が欲しい、となると今まで乗っていた車は買取にだして、購入資金を作ろうとする。
結果、中古車市場には古いモデルの車が沢山あふれることになるよね。
すると、在庫が余剰になるワケだから、販売店としては値段を下げてでも、モデルチェンジ前の車を売ろうとするワケだ。
これがモデルチェンジで安くなるってからくりで、逆にモデルチェンジ後の車は高騰するんだよね。
なので、そこまで車のモデルにこだわりがないって人は、モデルチェンジ前後を狙ってみるのをオススメする。
年式や走行距離の割には価格が安くなっていることも多いので、以前のモデルが良いっていうのなら、特大のチャンスだよね。
なので、中古車を買おうかなというなら、ライバル車も含めてモデルチェンジがあるかどうかを調べておこう。
これまで高値をつけていた車でも、モデルチェンジで一気に価格が下がるのは珍しい話じゃないから、もしそういう情報があるならビッグチャンスだね。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です